https://chrov.is

ゲノム医療のためのトータルソリューションソフトウェア

Chrovisはゲノム医療をシステム面でサポートします。Chrovisでは、最先端のバイオインフォマティクスと膨大な文献情報をもとにした知識データベースを用いて、個人に合わせたレポート作成を支援します。

Chrovisでは、次世代シークエンシング(NGS)によって読み取った個人のゲノム情報を、すべて自動的に解析します。さらに、解析結果に、知識データベースを照らし合わせて意味付けし、パーソナライズされたレポーティングを行います。

具体的には、個人間や正常・腫瘍細胞間にわずかに存在するゲノムの変異を自動的に解析し、それらに遺伝子・たんぱく質などの変異の解釈を加えた後に、知識データベースによるアノテーションを行います。 知識データベースは、PubMedに保存されている数千万件の医学・生物学の文献を自然言語処理を用いて自動的に解析し、変異と薬剤との関係、薬剤と疾患との関係などの情報を体系化しています。 この知識データベースと個人のゲノムの変異の情報を照らしあわせ、患者個人に最適化されたレポートを作成します。
ゲノムは、生物を構成するタンパク質の生成・制御などの遺伝情報の集まりです。生命の設計図と良く例えられます。

ゲノム配列を読み取るシークエンシング技術が発展し、現在、ヒト1人の全ゲノム配列を約10万円・約1日で読み取ることが出来るようになっています。 2020年には、1万円・1時間で読み取る予測もあります。

このシークエンシング技術の発展に伴い、ゲノムに関連する医科学研究は急速に進歩しています。 今日、ゲノムを網羅的に検査し、効率的かつ効果的に病気の発見、診断、治療を行うゲノム医療の実装が期待されています。

ゲノム医療によって、かつてないほど正確な診断と患者に適合した治療が可能となります。 がん、希少疾患、感染症、認知症など、ゲノム医療が適用できる領域は広く、1日も早いゲノム医療の社会実装が望まれています。

Chrovisでは、開発したソフトウェアの一部をオープンソースソフトウェアとしてコミュニティに公開しています。https://github.com/chrovis

主なニュース

  • 2021年10月1日 株式会社テンクーは、NPO法人西日本がん研究機構、株式会社ミルテルおよび武田薬品工業株式会社と共に「がんゲノム医療の明日を考える会」を発足いたしました。医療関係団体・患者団体・企業の垣根を超えたパートナーシップによって、がんゲノム個別化医療を取り巻く多様な課題に目を向け、解決に取り組むことで、全てのがん患者さんが適切ながんゲノム個別化医療を享受できる、より良い医療の実現に貢献して参ります。
  • プレスリリース
  • 2021年9月10日 厚生労働省の広報誌「厚生労働」に取材して頂き、ゲノム医療のトータルソリューションChrovisなどテンクーの活動をご紹介いただきました。
    「すごい! 医療ベンチャー: 最先端の情報技術を活用しがんゲノム医療に貢献する(株式会社テンクー)」雑誌「厚生労働」2021年9月号, pp.50-51. 2021
  • 詳細
  • 2021年8月24日 m3のAIラボにて、西村邦裕の「未来の医療のデザイン」(10)として「ゲノム社会が「先制医療」を可能にする」と題して、東北大学 東北メディカル・メガバンク機構の荻島創一先生との対談をまとめ、寄稿しました。5−7年後の未来・Precision Medicine・ゲノムをだれもが読む時代・ゲノム医療を活用していくゲノム社会のお話、そしてバイオバンクのネットワーク化など対談させて頂きました。
  • 詳細
  • 2021年7月15日 コミクス社「ものすごいベンチャー展」(7/12-16)にAIのカテゴリーで、テンクー代表の西村が、「ゲノム医療のトータルソリューション Chrovis」のプレゼンテーションをさせて頂きました。
  • 詳細
  • 2021年7月7日 m3のAIラボにて、西村邦裕の「未来の医療のデザイン」(9)として「来たるべき「ゲノム社会」に必要な視点とは」と題して、東北大学 東北メディカル・メガバンク機構の荻島創一先生との対談をまとめ、寄稿しました。「だれもがゲノム情報をもち、ゲノム情報に基づく医療を受益する社会、いわゆる”ゲノム社会”が到来する」ことについて、対談させていただきました。
  • 詳細
  • 2021年6月7日 本「Digital Health Trend 2021」の中で、テンクーを取り上げて頂きました。
    株式会社テンクー「最新の情報技術を適切に用いて、がんゲノム医療の現場を支援する」, pp.150-151,「Digital Health Trend 2021 「医療4.0」時代に向けた100社の取り組み」加藤浩晃編著、メディカ出版
  • 詳細
  • 2021年5月28日 m3のAIラボにて、西村邦裕の「未来の医療のデザイン」(8)として「AIを”賢く”使うために重要な3つの要素」と題して寄稿しました。テンクーのコンセプト「複雑で大量の医療情報を 1.整理解析して、2.人にわかりやすく提示し、3.それをアクションできる、ようにする」をベースに議論しました。
  • 詳細
  • 2021年5月18日 ファーマIT&デジタルヘルス エキスポ 2021にて、「メディカルAIへの取り組み:がんゲノム医療を支援するレポーティング」と題して、テンクー代表の西村が講演させて頂きました。意思決定支援として、メディカルAIがどのように役に立つのか、について、がん遺伝子パネル検査の現場の事例をもとに話しました。
  • 詳細
  • 2021年4月18日 日本医療検査科学会の春季セミナー「プレシジョンメディシン自体の臨床検査」にて、「がんのゲノム医療とAIの取り組み」と題して、テンクー代表の西村邦裕が講演させて頂きました。がん遺伝子パネル検査について、臨床検査の後ろ側で、情報技術がどう臨床の現場に貢献していくのか、を紹介いたしました。
  • 詳細
  • 2021年4月2日 テンクー10周年となりました。ありがとうございました。
    2011年4月1日に3人で創業したときから丸10年経ち、30名規模の会社となりました。この10年間、多くの方・社員に支えていただき、感謝申し上げます。がんゲノム医療のデータ解析とレポーティングが現在のメインとなっております。今後は、臨床の現場で培った経験と技術を日本全国そしてアジア・世界の医療者・当事者・ご家族に届けていくこと、この技術を活かせる製薬やデジタルヘルスなどの分野に展開していくこと、より信頼される会社となっていくことを目指していきたいと思います。引き続き、よろしくお願いいたします。
  • 詳細
  • 2021年3月29日 Chrovis Databaseで活用されているパラフレーズ検索が論文化されました。自然言語処理を使って、網羅的に、一つのキーワードの検索でも、インテリジェントに関係する情報を見つけてくる検索エンジンです。専門用語の言い換えを自動で再帰的に見つけてくることで、検索インデックスを拡張できます。主に臨床試験に対して適用していますが、その他の専門分野に対しても適用可能です。
    Koichi Akabe, Toshiki Takeuchi, Takashi Aoki, Kunihiro Nishimura, Information Retrieval on Oncology Knowledge Base using Recursive Paraphrase Lattice, Journal of Biomedical Informatics,Vol.116, 2021, 103705
  • 詳細
  • 2021年3月23日 テンクーが経産省の「健康経営優良法人」に認定されました。引き続き、メンバーの健康にも留意しつつ、医療・ヘルスケア分野に情報技術で貢献していきます。
  • 詳細
  • 2021年3月17日 m3のAIラボにて、西村邦裕の「未来の医療のデザイン」(6)として「ついに臨床現場で活用され始めた「バイオインフォマティクス」」と題して寄稿しました。バイオインフォマティクスの未来のために、
    1. 産学連携の推進、
    2. 研究から商用への橋渡しの強化、
    3. 商用ソフトウェアを実装できる人材の育成、
    などをさせて頂きました。テンクーでも貢献していきます。
  • 詳細
  • 2021年2月28日 2021/2/28は、RDD(世界希少・難治性疾患の日、Rare Disease Day)です。希少・難治性疾患についての世界最大の啓発イベントです。テンクーでは、RDD東京に協賛しています。
  • 詳細
  • 2021年2月22日 科学評論社「腫瘍内科」に、テンクー代表の西村が、「情報技術を利用したゲノム診療におけるエキスパートパネル支援」として寄稿させて頂きました。東大病院やがん研有明病院のがん遺伝子パネル検査のエキスパートパネル支援について、テンクーの取り組みを紹介させて頂きました。
  • 詳細
  • 2021年2月17日 Amazon Web Servicesのブログでテンクーを取り上げて頂きました。 Chrovisの知識データベースのAWS上での展開について、プレゼンしていただき、自然言語処理、がんゲノム医療、そして製薬展開も含めて、ご紹介頂きました。
  • 詳細
  • 2021年2月12日 厚労省主催のジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット2020のシンポジウム「デジタル系スタートアップの動向」のセッションに、テンクー代表の西村が登壇させていただきました。テンクーの紹介やMEDISOの支援についての議論、この分野を盛り上げるためのディスカッションをさせていただきました。
  • 詳細
  • 2021年1月26日 雑誌「PRESIDENT」(2021/2/12号)に、今後も成長が見込めるベンチャーの例として、取り上げていただきました。「テンクーは、ゲノム解析結果に対して膨大な学術データから最適な治療薬を提示するサービスを医療機関に提供しています。分析技術を軸にらゲノム解析市場で明確なポジションを維持しており、大型資金調達なしで5年以上継続黒字を達成しています。」とご紹介いただきました。
  • 詳細
  • 2020年7月14日 慶應義塾大学医学部、国立成育医療研究センター、かずさDNA研究所、DNAチップ研究所との共同研究で論文発表しました。「ヒト幹細胞分化に関係する転写因子の網羅的な同定とその解析-AIを駆使した自在に細胞運命を制御する技術の開発に期待-」
  • プレスリリース
  • 2019年11月26日 テンクーが世界発信コンペティション 東京都ベンチャー技術奨励賞を受賞しました。
  • プレスリリース
  • 2019年7月29日 テンクーが国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)主催の「大学発ベンチャー表彰2019 ~Award for Academic Startups~」において「文部科学大臣賞」を国立大学法人 東京大学と共に受賞しました。
  • プレスリリース

お問い合せ

添付ファイル等をお送りいただく場合には、info@xcoo.jpまでメールにてお問い合わせください。