https://chrov.is

ゲノム医療のためのトータルソリューションソフトウェア

Chrovisはゲノム医療をシステム面でサポートします。Chrovisでは、最先端のバイオインフォマティクスと膨大な文献情報をもとにした知識データベースを用いて、個人に合わせたレポート作成を支援します。

Chrovisでは、次世代シークエンシング(NGS)によって読み取った個人のゲノム情報を、すべて自動的に解析します。さらに、解析結果に、知識データベースを照らし合わせて意味付けし、パーソナライズされたレポーティングを行います。

具体的には、個人間や正常・腫瘍細胞間にわずかに存在するゲノムの変異を自動的に解析し、それらに遺伝子・たんぱく質などの変異の解釈を加えた後に、知識データベースによるアノテーションを行います。 知識データベースは、PubMedに保存されている数千万件の医学・生物学の文献を自然言語処理を用いて自動的に解析し、変異と薬剤との関係、薬剤と疾患との関係などの情報を体系化しています。 この知識データベースと個人のゲノムの変異の情報を照らしあわせ、患者個人に最適化されたレポートを作成します。
ゲノムは、生物を構成するタンパク質の生成・制御などの遺伝情報の集まりです。生命の設計図と良く例えられます。

ゲノム配列を読み取るシークエンシング技術が発展し、現在、ヒト1人の全ゲノム配列を約10万円・約1日で読み取ることが出来るようになっています。 2020年には、1万円・1時間で読み取る予測もあります。

このシークエンシング技術の発展に伴い、ゲノムに関連する医科学研究は急速に進歩しています。 今日、ゲノムを網羅的に検査し、効率的かつ効果的に病気の発見、診断、治療を行うゲノム医療の実装が期待されています。

ゲノム医療によって、かつてないほど正確な診断と患者に適合した治療が可能となります。 がん、希少疾患、感染症、認知症など、ゲノム医療が適用できる領域は広く、1日も早いゲノム医療の社会実装が望まれています。

Chrovisでは、開発したソフトウェアの一部をオープンソースソフトウェアとしてコミュニティに公開しています。https://github.com/chrovis

ニュース

  • 2020年7月14日 慶應義塾大学医学部、国立成育医療研究センター、かずさDNA研究所、DNAチップ研究所との共同研究で論文発表しました。「ヒト幹細胞分化に関係する転写因子の網羅的な同定とその解析-AIを駆使した自在に細胞運命を制御する技術の開発に期待-」
  • プレスリリース
  • 2020年6月22日 特許庁 IP BASE スタートアップの知財コミュニティポータルサイトに「次世代のがん治療を変える医療用ゲノム解析技術の現在」として、テンクー代表の西村邦裕のインタビュー記事が掲載されました。
  • 詳細
  • 2020年6月10日 共同通信社の記事「がんゲノム医療にAI活用 東大病院、治療方針を支援」 として、青森・秋田・福井・徳島・愛媛・石川・富山・長野・沖縄などの新聞に載せて頂きました。
  • 詳細
  • 2020年5月28日 m3のAIラボにて、西村邦裕の「未来の医療のデザイン」(3)として「医師と患者の「共通用語」をUXから考える」を寄稿いたしました。
  • 詳細
  • 2020年5月18日 日経Beyond Healthにて、テンクー代表の西村邦裕が「UXで解くゲノム医療」として「クラウドがゲノム解析に不可欠な理由」[第6回]がんゲノム医療でのクラウド活用の実際、を寄稿いたしました。
  • 詳細
  • 2020年5月15日 経産省の大学発ベンチャー チームビルディング事例集にテンクーが紹介されました。
  • 詳細
  • 2020年4月24日 m3のAIラボにて、西村邦裕の「未来の医療のデザイン」(2)として「医療に情報技術が貢献できる3つの場」を寄稿いたしました。
  • 詳細
  • 2020年4月8日 日経Beyond Healthにて、テンクー代表の西村邦裕が「UXで解くゲノム医療」として「「クラウド」を医療で使うメリットとは?」[第5回]医療分野でのクラウド活用の現状、を寄稿いたしました。
  • 詳細
  • 2020年3月25日 m3のAIラボにて、西村邦裕の「未来の医療のデザイン」(1)として「これからの医療のヒントが詰まったがん遺伝子パネル検査」を寄稿いたしました。
  • 詳細
  • 2020年1月31日 日本メディカルAI学会学術集会にて、機械学習と自然言語処理を用いた論文の重要部分のハイライト手法についてテンクーから1件の口頭発表、AWS様のランチョンでChrovis DatabaseのAWS活用のご紹介のプレゼンをさせて頂きました。
  • 詳細
  • 2020年1月22日 日経Beyond Healthにて、テンクー代表の西村邦裕が「UXで解くゲノム医療」として「医療AIは「鉄腕アトム」か「機動戦士ガンダム」か」[第4回]AIと医療者の関係をUXの視点から解く、を寄稿いたしました。
  • 詳細
  • 2020年1月21日 2020/1/21付の日経新聞朝刊30面に、HIMSS / Health 2.0 のパネルの様子として、テンクー代表の西村邦裕がゲノム医療のソフトウェアChrovisについての発表を、記事と写真で紹介して頂きました。
  • 詳細
  • 2019年11月26日 テンクーが世界発信コンペティション 東京都ベンチャー技術奨励賞を受賞しました。
  • プレスリリース
  • 2019年7月29日 テンクーが国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)主催の「大学発ベンチャー表彰2019 ~Award for Academic Startups~」において「文部科学大臣賞」を国立大学法人 東京大学と共に受賞しました。
  • プレスリリース

お問い合せ

添付ファイル等をお送りいただく場合には、info@xcoo.jpまでメールにてお問い合わせください。