東京大学のゲノム医療研究プロジェクト本格始動へ
情報解析・知識データベースにテンクーが協力

東京大学が、このほど、がんのゲノム医療に関する研究を、本格的に始動します。 その知識データベースの構築と情報解析に、株式会社テンクーが協力します。 日本には、がんのゲノム解析に基づいた診断の確定と最適な治療法の選択に関する研究に重要な、遺伝子変異に対して臨床的意義づけを行う「がんゲノム医療用知識データベース」が、これまで存在しませんでした。 テンクーはその知識データベースの構築、情報解析の一部にテンクーのソフトウェアであるChrovis(クロビス)を用いることで、データの収集・解析・自然言語処理・意味付け・判定などの人工知能技術、情報技術に協力します。 テンクーは東京大学から委託契約を受けており、それに付随して本プロジェクトに技術協力します。 この情報技術は、日本医療研究開発機構(AMED)「臨床ゲノム情報統合データベース整備事業」の研究にも役立てられます。

ゲノム解析によって得られるがん患者の遺伝子変異から、患者の最適な治療法、および薬剤の選択・判定に役立てる研究において、テンクーは、ゲノム医療における情報解析のためのソフトウェアChrovisの納入も含め、インフォマティクス面で協力します。 ゲノムに関する医科学研究の急速な進歩で、関連する文献情報は年々増加しています。 テンクーのChrovisに実装されているインフォマティクスの技術による自然言語処理を用いて、この膨大な文献情報を基に知識データベースを構築します。 さらに変異に関する既存の公共データベースと知識データベースを高度に連携させることによって、網羅的に情報が検索できるようにします。 また、日本ですでに保険収載された分子標的薬と臨床試験中の薬剤とそれらに対応する遺伝子変異、遺伝性腫瘍に関する遺伝子変異などの情報を整理し、蓄積します。 そして、これらを基に、がん治療の個別化を加速するうえで欠かせない、ゲノム解析の精度管理を高め、診療、研究に役立つシステムの構築を進めていきます。

プレスリリースPDF

関連

お問い合せ